説得力を有しているドライオーガズムの方法とは?

強い快感が得られる方法は、みんなが研究しています。
性に関しての快感は特に子供から若い人、年配者まで追求に余念がなく、男女の別なく快楽を求める傾向にぶれはありません。
古来より男性はアナルの快感をタブーとしてきました。
これはお尻の穴が不浄であるとの理由もありましたが、実は裏の理由があり、それはアナルの快感がペニスによるそれの数倍になるからです。
ペニスの快感は基本的に射精による一瞬の絶頂感ですが、アナルの快感は入れられることで達する別次元の快楽なので、質が違います。
アナルに棒状の器具を入れ、前立腺を直に刺激することでドライオーガズムに達することができると誰もが知っている現在、アナルの快感はその理由が明らかにされたのです。
確かにここ最近、男性がアナルに興味を持ち、オナニーの方法に前立腺刺激を組み込む動きが見られます。
アナルに指などを入れ、前立腺を直に刺激することは、ペニスをしごくスタイルのオナニーと比べて数倍の快感が得られると評判です。
もちろん先に腸内を洗浄しておいたり、準備をしておく必要はありますが、絶頂の度合いが半端ではありません。
この時感じるドライオーガズムは射精を伴わずに達することですが、これには説得力があり、その証拠に達した人はがくんがくんと全身を震わせ、「おおっおっ」などと声を出して快感を表現します。
さらにこの快感はある程度持続し、体力の消耗も少なく、放出による脱力感もありません。
そうしたもろもろのメリットから考えても、いかにこの絶頂状態が優れているかわかるでしょう。
多様性を突き詰める現代社会において、オナニーもセックスも一通りの物ではなくなりました。
それはすなわち、人によって達する形に違いがある自由度が認められたことに他なりません。
ドライオーガズムはウェットオーガズムと根本的に異なる部分があり、それは非常に今の時代にマッチしています。
風俗もこの絶頂状態がメジャーになるにつれ、大きく変革を迎えました。
参考サイト・・・ドライオーガズムの方法
特に性感エステでは、前立腺刺激を的確にやってのけるスキルを有した風俗嬢をそろえ、お客さんが確実に射精せずに絶頂を迎えられるようにしています。
それは、新しい風俗の形ができあがったことを意味し、アブノーマルなスタイルがメジャーになった瞬間です。
何度も繰り返し絶頂に達しながら、なおかつ衰えることがほぼないなど、理想的な状態がドライオーガズムにはあります。
射精がいかに体力を消耗するかは男性ならば誰でも知っているでしょう。
ここの所私は、セックスの際に射精せずに何度も何度も達していながら、体力面で衰えない幸せをかみ締めています。
これは若い頃に戻ったかのように、純粋に妻とのセックスを楽しめるようになったことを意味しているのです。
意外にセックスは突き詰めると奥が深い物で、本来人間が得るべき快感がどういう物かもここに来て知ることができました。
真の意味での絶頂を知るのはこれからで、性感帯の開発に期待がかかります。