投資の幅広さと、リスクについて

投資といえば、株!というイメージが強かったですが、最近は幅広い投資方法が選ばれるようになりました。
私も最近始めたFXも、手軽な投資方法のひとつです。
また、中国などの新興国の台頭により、新興国への投資が流行っています。
復興に一役買おうと、国債を購入することも立派な投資です。
広い意味では、銀行の外貨預金も投資の側面があります。
銀行でも、投資型の預金方法を扱うケースが増えてきました。
このように、投資の幅はとても広いので、自分に合った投資を見つけたいですね!
とはいえ、投資にリスクはつきものです。
投資で失敗する人は、情報収集が足りない人が多いようです。
取引する業者のサービスについて知らないことは、失敗の原因にもなります。
取扱う商品の特徴も、できるだけ多くの情報を知っておいたほうが良いです。
どうせ投資をするなら失敗はしたくないですよね。
投資は、世の中にお金をまわすためには必要なものです。
できるだけ多くの情報を集めて、後悔しないようにしたいですね。

不動産投資について勉強してみようかな

私にとって資産運用って趣味みたいなもので、勉強する事自体が楽しいものなんです。
でもあまり結果は出てないから、下手の横好きってやつなんでしょうが。
今は、株式、FX、投資信託、保険などから始まり、確定拠出年金とか財形についても調べています。
そんな中、あまり手を出せなかった分野が不動産なんですよね。
どうしても不動産というと、まとまった大きな金額がいるし、投資先として自分に知識がない分野だから手を出さないようにしようって思ってました。
でもやっぱり、資産運用を趣味とするものとしては不動産は避けて通れないです!
勉強したからといって、今すぐ手を出すわけじゃなくて今後まとまった資産が出来てきた時の振替運用先として不動産って最適なんじゃないかなって思ってます。
うまくできるようになれば税金対策としてもいい方法みたいだし、やっぱ避けて通れないですよね。
あとは金とかも気になってます。
現物資産として、安定してるって理由からかなり人気があるみたいだけど、私はなんとなく興味をそそられなかったんですよね。
資産運用が趣味といっても、投資先として知らない分野がまだまだたくさんあるから、勉強はいつまでたっても終わらないですね。
お金の勉強は奥が深いです。